検査・診療のご紹介

当院でできる検査内容と
診療内容をご紹介します。

検査について

栄養採血について

体内の詳しい栄養状態を確認することのできる採血です。栄養不足による体調不良がある場合、栄養療法による治療を行っています。採血項目により、値段設定が異なりますので、詳しい内容はご相談下さい。採血結果をまとめた冊子(解析レポート)を作成することも可能です。作成には1ヶ月の時間をいただいております。

IgGについて

IgG(遅延型)アレルギーは、食事によって生じるアレルギーですが、症状が出るのは、食後数時間~数日という特徴があります。頭痛・下痢・腹痛・湿疹・不眠・疲労感など、様々な症状を引き起こします。特定の食べ物を腸でうまく分解・吸収できないことにより起こると考えられています。 少量(0.5cc程)の採血で100項目の食品について検査ができます。検査結果は、1ヶ月後にお伝えとなります。症状の確認のため、検査前に診察が必要です。

MCIについて(軽度認知症検査)

アルツハイマー型認知症を発症する危険度を採血で確認することができる検査です。認知症発症の前段階より脳に蓄積されると神経細胞の傷害を及ぼすタンパク質(アミロイドベータペプチド)の量を測定します。同日、認知機能(記憶力判断)テストも行います。持っていると認知症になりやすいといわれている遺伝子(APOE)の型を調べることができます。検査前に診察に入られることをおすすめしておりますが、検査のみで来院していただくことも可能です。
持病をお持ちの方、血縁のご家族に認知症既往をお持ちの方は、できる限り診察にお入り下さい。

腸内フローラについて

ビフィズス菌・乳酸菌産生菌・酪酸産生菌・エクオール産生菌が自分自身の腸内でどのくらい活動しているかバランスを見る検査です。検査結果をもとにご自身の生活習慣を見直すことで様々な病気にかかるリスクを減らすことができます。また、太りやすさ・菌の多様性・腸内フローラのバランス・下痢、便秘のなりやすさ判定なども調べることができます。

糖負荷検査

糖分を摂った後の血糖・尿糖・血糖を下げるホルモン(インスリン)の変化を調べる検査です。時間ごとで採血と採尿を行います。4時間もしくは5時間後までの変化を確認することができます。低血糖が起こっているかを確認することができます。検査結果は1週間後以降でお伝えできます。症状の確認のため、検査前に診察が必要です。

  • なお、5時間の検査を希望される場合、平日でお受けしております。ご了承下さい。
  • また簡単的ですが15日間連続で血糖の変動を測定できるリブレの貸出、結果による食事・栄養のカウンセリングも行っております。

副腎ストレス検査

ストレスによる体の変動を感じている方、コルチゾールの日内変動、DHEA値を測定し、副腎の疲労を回復を促す栄養指導を行います。

その他多数検査

超早期がん診断・毛髪ミネラル検査・副腎ストレス検査・マイコプラズマ抗体検査 等

注射について

にんにく

疲労回復目的のためのお注射です。内容成分は基本的にビタミンB群・ビタミンCとなり、疲労回復のほかに抗酸化や美容目的にしていただく方もおります。5種類のにんにく注射からお選びいただきます。

※ご希望でアリナミンやビタミンC等追加していただくことが可能です(別途料金)

美肌

シミの原因となるメラニンの発生を抑制、コラーゲンの生成を促進するビタミンC、ビタミンH、アミノ酸が含まれています。

プラセンタ

疲労回復・美肌・保湿機能回復等に行っていただくお注射で成分についてはお問合せください。

ビオチン

掌蹠膿疱症・腸内環境改善

点滴について

※はじめての方は注射・点滴がご本人に適切なものかどうかを判断するために簡単な診察が必要になります。

にんにく

疲労回復目的のためのお点滴です。内容成分は基本的にビタミンB群・ビタミンCとなり、疲労回復のほかに抗酸化や美容目的にしていただく方もおります。5種類のにんにく点滴からお選びいただきます。

※ご希望でアリナミンやビタミンC等追加していただくことが可能です(別途料金)

高濃度ビタミンC点滴

高濃度(通常の注射・点滴の10倍以上)のビタミンCが含まれています。高い抗酸化力により、免疫力アップやアンチエイジングに効果がございます。血中のビタミンC濃度が高濃度となることで抗癌作用も期待できます。必ず点滴前に、診察と検査が必要となります。

アミノ酸点滴

3種のビタミンB、ビタミンC、アミノ酸が含まれています。
食事で十分なタンパク質摂取が難しい方(胃の手術後、高齢者、小食、胃腸が弱い)に有効です。

マイヤーズカクテル

ビタミンB、ビタミンC、ミネラル(カルシウム・マグネシウム)が含まれています。喘息・頭痛・慢性疲労・うつ・生理不順・末梢神経障害・こむら返り・慢性じんま疹・線維筋痛症アレルギー・甲状腺機能障害・狭心症等幅広い適応がございます。動脈硬化の強い方と血管血流不全の方には特におすすめです。症状に応じ、Drが追加調剤をすることがございます。

グルタチオン点滴

解毒や細胞の活性化にかかわるアミノ酸の点滴です。パーキンソン病、化学物質過敏症、慢性肝疾患、多発性硬化症、線維筋痛症、急性および慢性湿疹など幅広い適応がございます。グルタチオンの本数は、病状により追加いたします。

診療について

認知症予防

Coming soon…

アスリートのための食事指導

Coming soon…